Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

zine展 3 終了しました


無事に「zine展ーそれぞれのほんのかたち3」終了しました。
たくさんのお客様に来ていただき、素敵な出展者の方たちとご一緒できました。

過去にリトルプレス展を3回、そしてzine展を3回やりましたが、
毎回新しい発見があります。

あたたかく見守っていただき本当にありがとうございました。
またいつかお会いできる日を楽しみに・・・・。


z300_01.jpg

z300_02.jpg

z300_03.jpg

z300_04.jpg

z300_05.jpg

z300_06.jpg

z300_07.jpg

z300_09.jpg

z300_08.jpg

z300_10.jpg

z300_11.jpg

z300_12.jpg

z300_13.jpg

z300_14.jpg

z300_15.jpg

z300_16.jpg

z300_17.jpg

z300_18.jpg

z300_19.jpg

z300_20.jpg

z300_21.jpg





z300_22.jpg





















zineトーク

IMG_7344.jpg

zine展1回目の時も台風で流れたzineトーク
今回も雪で開催が危ぶまれましたが、2月8日(土)夜、どうにか来ていただけた方だけで
zineトークを行うことができました。

やはり作家さんの話を直接聞くのは楽しいです。

今回もその場に偶然居合わせた素敵なお客様も参加してくださって
積極的に質問もいただいて楽しい時間になりました。


小野敬司さん
IMG_7347.jpg

内田伸一郎さん
IMG_7349.jpg

森田晃平さん
IMG_7354.jpg

斑猫軒さん
IMG_7358.jpg

ヘンゼル・ワシントン(加瀬野裕介、横山直人)さん
IMG_7364.jpg

角南育代さん・大西千夏さん
IMG_7369.jpg

タケシマレイコさん
IMG_7386 (2)

manmaru laboratorioさん
IMG_7389.jpg

村上トモミさん
IMG_7392.jpg







作家紹介19 小野敬司

onokei1
小野 敬司 | Ono Keiji

身長 184cm
体重 64kg


出品作品

onokei2

Yellow Page #2 青い山
大学を出たものの仕事がなく、やっと雇われた先ではクビになり、
追い討ちをかけるようにアパートの取り壊しを通告される。
平成十七年、生きることはただ死んでいないことであった。
気分を立て直そうと意気込んで都心へ向かった〈私〉が、
そびえ立つ青い山の果てに見たものとは……

その他出品作品
Yellow Page #1(わくわく電話帳)
ダレダの部屋(うきうき散文集)
NEW WORLD(ゆめタウン写真集)


204号室
http://roomnumber204.sakura.ne.jp/

パフォーマンスリーディング 「キリンの首」

2/8(土)雪という天候にも関わらず、お客様にたくさん来ていただきました。
今回「キリンの首」というzineを作られたおふたりから素敵なサプライズが!!!
(大西千夏さんのものがたりに角南育代さんが絵を描かれました。)


大西千夏さんは歌・演技・作曲・演奏など才能溢れるアーティスト。
zine展会場でパフォーマンスリーディングを披露されました。

衣装も音楽もすべて自作で大西さんの演じる世界に会場が包まれました。


1451940_10201165000907207_708206087_n.jpg

1901390_10201165001027210_1388678461_n.jpg



夜の部

IMG_7371.jpg

IMG_7375.jpg

IMG_7383.jpg



大西千夏さんは、2/21~奉還町で演劇に出演されます。

1509124_10201165001227215_733844304_n.jpg

作家紹介 18 大神慶子

1616400_749786501698631_846572975_n.jpg


- イラストレーター
   大神慶子

www.keikooogami.com


本年からはじまる“Home Art”プロジェクトにちなんだzine。

『ポストcard衣替え帖』

家に飾る絵を気軽に衣替えできます。 飾り方は自由自在。
いろいろな飾り方を試してみてくださいね



1779593_749786685031946_1343704523_n.jpg


1615227_749786678365280_2086111305_n.jpg 1797202_749786671698614_650552012_n.jpg

1797232_749786675031947_964278017_n.jpg 1616549_749786681698613_1873992860_n.jpg






作家紹介 17 ナカムラシュンスケ

nakamura

ナカムラシュンスケ

岡山県総社市 出身

岡山県内の百貨店で店内の装飾やディスプレイの
仕事をしている傍ら、個人でグラフィックデザイナー
として活動。Tシャツのデザインを中心に、企業・
スポーツチームのロゴマーク、商品パッケージなどの
デザインもしています。

家庭用インクジェットプリンターで、一枚一枚その時の
思いつきで印刷を重ねて遊んでいった中で生まれた
作品たちです。
自分の意図しない色や形の交わりが新鮮で美しかった
ので、それらを『気まぐれな「+算」、偶然な「×算」。』
と名付け、一冊にまとめました。
取り外し可能な製本にしているので、フレームに入れて
飾ることもできます。

※その時その時の思いつきでの印刷の
為、一冊ずつ
収録内容が異なります。

作家紹介 16 西村洋己

nissie


西村洋己

バンドマン(Luzhin)、絵も描く。フリーペーパーLightsの編集部員。他には公民館で講座やったり。今回初ジン、よろしくお願いします。妻がレキシ好き。猫好
き。

作家紹介 15 島村敏明

shimam1shimam2

島村 敏明  画家

1976年生まれ
2004年より拠点を岡山に移し制作活動

主な展覧会
2005「京都市新鋭美術選抜展」  京都市美術館 京都
2006「Nightswimming」  奈義町現代美術館  岡山
2005「Art Court Frontier 05」Art Court gallery 大阪
2006「VOCA展2006」   上野の森美術館 東京
2007「クロスロード・共鳴する美術」 倉敷市立美術館
2007「アートの今・岡山2007」岡山県天神山文化プラザ、他
2009「田村光義先生追悼展」京都芸大ギャラリー
2010「岡山県新進美術育成 I 氏賞選考展」岡山県天神山文化プラザ
2011「kontrapunkt-対位法-」岡山県天神山文化プラザ
2012 天神山文化プラザ50周年記念展「美へのまなざし・交差する世      界」展 岡山県天神山文化プラザ
2012 岡山県芸術回廊「天神MAM」 旧岡山市立後楽館高校跡地      

「Lights in a radius of 500m from here」

アトリエで作品の題材になったり、壁に貼
られていたりしているインスタントフィル
ムを集めた写真集。 絵を描く僕の半径50
0m以内にある光景。

作家紹介14 manmaru laboratorio

gogo

manmaru laboratorio

グラフィックデザイナー・イラストレーター
ちょっと笑えるおかしな作風が得意です。
神話や神社が好きであちこちめぐった記録を本にしています。

http://manmarulab.hotcom-web.com/


◇ 活動歴 ◇
2013/02 「 zine展ーそれぞれの本のかたち2ー 」に参加(pieni..deux /岡山)
2012/12 「illustrator'sChristmas展」に参加(atelier Z /岡山)
2011/12 「 大カレンダー展 」に参加(atelier Z /岡山)
2011/09 「 zine展ーそれぞれの本のかたちー 」に参加(pieni..deux /岡山)
2010/08 「 リトルプレス展 3 」に参加(pieni..ecole+cafe /岡山)

作家紹介 13 西淑

nishishuku

西淑

福岡生まれ、京都在住。
広告、書籍の装画、雑誌、CDジャケットなどの
イラストレーションを手がける。
全国各地で個展も開催している。

作家紹介 12 RUUKA

ruuka2

Ruuka(るうか)

イラスト、不思議な生き物作り、アクセサリー、写真etc...

『なんとなく好き』の「なんとなく」の部分が好きで、
大切にしたいと思っています。ストーリー性や、
可愛い中にも少し毒があるような、そんなモノを生み出したいです。

2009.03  amilyさんの『小さな雑貨展』参加(大阪)
     05  『おひさまアートバザール4』 LarmR(from larmさんとのユニット)で参加。
         『フリーペーパーapt』へ参加 テーマ「正義」
     07  『ヨシカワショウゴのヨシカワ軍団 TOKYO編』 (東京・mograg garage)
   08  『Bon voyage!! -Sucrette in Wonderland-』 web用フライヤー作成
   12  『ヨシカワ軍団増殖中☆』(大阪・TOY POCKET)
2010.02  『LarmR First Exhibition』 from larmさんとの二人展 (岡山・ALAPAAP)
   04   淡路島のしまキャラ『あわじい』のブログ用の小さなぬいぐるみ作成
     (キャラクターデザインはヨシカワショウゴさん)
   10  『ゆうゆうよいまちアートバザール』(岡山)
2011.01  『招福大年賀状展』(岡山・カフェZ)
     08  『Post Card Exhibition 青とノスタルジア』(岡山・pieni..)
     09  『zine展-それぞれの本のかたち-』(岡山・pieni..deux)
     11  『おひさまアートバザール6リベンジ』(岡山)
2012.01  『NewYearALICE 2012』(東京・アリスと豆の木)
   08  『WEST SIDE MIXER 2012』(岡山)
     10  『吾輩は岡山の猫である展』(岡山・岡山駅南地下道アートロード美術館)
     11  『LarmR Exhibition』 「Topping」(岡山・pieni..)
2013.01  『笑顔をつなぐ大年賀状展2013』(岡山・カフェZ)
     02  『zine展-それぞれの本のかたち2-』(岡山・pieni..deux)
     06  『parallel world』 Hitomi & Iwai & from larm & Ruuka 4人展(岡山・ALAPAAP)
     09  『マチノブンカサイ』 ALAPAAP作家としてワークショップ(岡山)
     10 『おひさまアートバザール8』(岡山)
        『KOJIMA BLUE』デザインプロジェクトに(A)のメンバーとして参加(岡山)

作家紹介 11 ヘンゼル・ナッツ(加瀬野裕介、横山直人)

photowakaba.jpg

ヘンゼル・ナッツ(加瀬野裕介、横山直人)

会社の師弟関係であった2人が2013年より作り始めた雑誌「青少年教育マガジンわかば」は
青少年にも手軽に読むことができる15部限定の不定期発行のエ ロ本です。

本誌には2人が撮影した写真や、実録体験記、エロくクッキングしたレポート、
名作小説の文字をカットすることで官能小説へ変える時短小説、
日々 届く迷惑メールを送りつける女を掲載するなどなどアナーキーでやりたい放題しています。

編集構成を加瀬野が、デザイン、製本を横山が担当。
2月でわかば発行1周年を迎え、横山と加瀬野がそれぞれ違った仕様の一冊ずつ合本を制作。

個別でも本を作っており横山は京都に住む友人の俳句集。
加瀬野は自身の個展の図録を制作している。

また、2人は古本を集めるコレクターでもある。

略歴

加瀬野裕介
平成21年 NHK BS1「デジスタ」にて「BALL」「オリジナルキャラクター」放送      
    ※両作品との短編アニメーション
平成24年 ギャラリーメリーノ 街かどフェスタ 「卑の美とそれ以外」      
     ※平面、立体、映像などによるインスタレーション作品
平成24年 岡山芸術回廊 「学校の自殺と自転車とそれ以外」      
     ※平面、立体、映像などによるインスタレーション作品
平成25年 アートガーデン A4展 「野球」      
     ※平面作品(アクリル)
平成25年 天神山文化プラザ プレゼンテーション展 「ワクワク!実験シリーズ①~⑤」      
※アニメーションの原理を用いたインスタレーション作品
平成25年 Sans quoi おいしい夏 「ケバブ」      
     ※紙皿を使用した立体
平成25年 個展 「現映」      
     ※アニメーションの原理を用いたインスタレーション作品
平成25年 おひさまアートバザール8 「かせの商店」      
     ※手作りのルアー、服、本、アクセサリーの販売
平成25年 満月SESSION参加      
     ※アナログ装置でVJをする
平成26年 加瀬野裕介の映像上映会「フレンズ」      
     ※加瀬野の友だちが旅行や飲み会や遊んだりしている映像を約21時間3日間かけて上映する予定

「青少年教育マガジンわかば」Facebookページ
https://www.facebook.com/wakaba.magazine

加瀬野裕介 HP
http://kaseno.net/
横山直人 HP
http://oooo.nu/no




作家紹介 10 AIRzine編集室

AIRzine編集室


AIRzine編集室

尾道のAIR zine編集室がつくるAIRzineは、放っておけば無視されたり朽ちてしまうようなものを
言葉にとどめ、記録していくzineとして2013年に創刊しました。
毎回ひとつのテーマ=漢字一文字を設定し、その文字にまつわる様々なものごとを集めていきます。

創刊号は「泡」(特集:帰化植物セイタカアワダチソウ)、2号は「突」(特集:尾道城)で、
3号はただいま鋭意制作中。
今回のzine展には、AIRzine編集室の母体である、
尾道のアーティストインレジデンス活動=AIR onomichiの報告書も出す予定です。

広島県尾道市東土堂町2-1 光明寺會舘1階

AIR CAFE
http://air-zine.tumblr.com/

作家紹介 9 森田晃平

kemono2

森田晃平

昭和後期の生まれ、大阪府枚方市出身、現在岡山県を徘徊中。


毛物型録 (ケモノカタログ)
【前口上】
「さあ、お立ち会い。ここに編まれます小冊子(ZINE)は、全編、毛・毛・毛の毛の話。
人間は、ひとたび生まれたその日から、一千一万の毛穴もち。目から耳から、鼻から
あごから、のびる毛髪大行進。怖い毛、断髪、ヒゲ男、千差万別毛の美術。何?毛沢山
(もうたくさん)だって?どうぞ、毛嫌いなさらずに、ちょっとご賞味されたなら、
意外・意外や毛の歴史。意外に毛深い毛の歴史。

kemono1

手探り手帳
美術の世界で、多くを語りながら、その重要性がそれほど多くは語られていない手のことを中心に、一番近く、暮らしの傍らにありながら、
見過ごされている手のこと、失われた手や自由に動かせない手の話をまじえながら、概観する手の表現史。手のつく言葉を列挙しただけでも
手遊び、手習い、手当たり次第、手間隙、手伝い、手加減、手持ち無沙汰、手八丁、手痛い、手触り、手影絵などのように、よく動いてきた手は、
それだけいろんな風に形容されてきた。手という器官をかえりみる時、それは同時に人の営みをかえりみることに等しい。

作家紹介 8 ヒミツ食堂



こんばんは。
ヒミツ食堂店主です。

ひっそりと内職始めました。
昨年はグラノーラ、たくさんの方にお買い上げいただき、誠にありがとうございました。
今年は自家焙煎はじめました。ミディアムとダークをご用意してお待ちしています。
でもコーヒー豆じゃなくて・・・ヒミツです。



IMG_3220.jpg



作家紹介 7 from larm(フロムラルム)

larm2

from larm(フロムラルム)

服飾造形デザイナー。
固定概念にとらわれない、「シンプルに主張し、インパクト残る」余韻のあるモノをつくりたいと励む。
折り紙の手法を布に用いたプロダクトデザインを得意とし、そのひとつひとつが手作業一点物であるのも特徴。


資格
AFT主催 ファッションコーディネート色彩能力検定2級・専修学校教員免許、その他デザイン系資格多数
活動歴
2011年11月 デザインフェスタvol.34(ビックサイト/東京)
2012年 3月 映画「マリリン7日間の恋」の公開に合わせて岡山唯一の上映映画館であるシネマクレールとコラボ
2012年 5月 招待「モノマチGRAND PRIX2012春皮漉の部」(浅原皮漉所/浅草)
2012年11月 LarmR(from larm+Ruuka)「Topping」(pieni../岡山)
2013年 2月 「zine展2」(pieni..duex/岡山)
2013年 6月 4人展「Parallel World」(alapaap/岡山)
2013年 9月 ワークショップ講師(alapaap)「マチノブンカサイ」(旧内山下小学校/岡山)
2013年10月 「KOJIMA BLUE2013」(児島)
2013年12月-2014年 1月 グループ展「Happy New!展」(alapaap/岡山)




作家紹介 6 村上トモミ

tomomimi


村上トモミ
tomomi murakami

フリーのイラストレーターとして国内外で活動中。
レトロカラフル&ガーリィな画風を得意としております。
イラストレーターズ通信会員。

◇ 活動歴 ◇
2011/07 「 Japan Expo 」に参加(フランス・ パリ)
2011/11 個展「 Exposition Tomomi MURAKAMI 」(フランス・ パリ)
2013/10 個展「  Bonne journée  」(atelier Z /岡山)
他、個展・グループ展多数

◇ 今後の活動予定 ◇
2014/3/12〜23 個展「 Bonne journée! en 風の栖 」(奈良)
2014/4/17〜5/6 個展「 Bonne journée! en toya 」(京都)
2014/4/8〜4/13 「 イラストレーターズ通信展2014 」(東京)
2014/4/26~5/5 犬島時間(岡山)

中国デザイン専門学校・
山陽新聞社様主催のカルチャー教室にて講師をさせて頂いております。
お仕事のご依頼・教室についてのお問い合せ等、随時承っております。
下記までお気軽にお問い合わせ下さい。

◇ 連絡先 ◇
HP:http://t-m.pinoko.jp/   email:tomomifr@gmail.com
Facebook http://www.fa
cebook.com/tomomimi.murmur

作家紹介 5 コニコ(カヤヒロヤ/高橋由季)


photo_20140128111159471.jpg

コニコ(カヤヒロヤ/高橋由季)

グラフィックデザイン/イラストレーション
広告やDM、ロゴマークなどのグラフィックから、お互いの作風を活かしたイラストレーションを中心に様々な媒体を手掛ける 。
イラストとデザインを組み合わせた結婚式ペーパーアイテムや展示ディレクションにも携わる。
2013年には東急ハンズ広島店6F壁面イラストを担当。
9月には『TOKYO ART BOOK FAIR 2013』に参加。


カヤ/イラストノート『第1回ノート展キャラクター部門』大賞受賞。『瀬戸内国際芸術祭2013』で販売される公式グッズのデザインコンペにて丸亀うちわのデザインが採用される。

高橋/SHIBUYA GIRLS POPアーティスト所属、東京や海外へ活動の幅を広げる。2013年の個展では巡回展を東京渋谷Violet and claireからはじまり、VILLAGE/VANGUARDの姉妹店、exciting girls store金沢店、広島店の3会場にて開催。 



http://conicoc.co
http://takahashiyuki.com
http://kayahiroya.com

作家紹介 4 畑尾和美

DSCF2130.jpeg


畑尾和美

 1974年大阪生まれ。大阪在住。
2000年、美術作家の永井宏さんのワークショップに参加したことをきっかけに活動をはじめる。
言葉を綴り、糸や身のまわりにあるもので作品を制作。個展多数。
2002年より輪唱や合唱のように声を重ねるリーディングユニットmarine girlsをはじめ、
2007年からひとりの朗読会を日本各地で定期的に行う。
「Fantastic Something」に詩を掲載、著書に詩画集「九月の朝顔」。
共にBOOKLOREより出版。2014年七夕の頃に星ヶ丘のSEWING GALLERYで個展を開催予定。
竹紙に糸で描いた作品を展示します。

 昨年5月より出版社BOOKLOREのオンラインストアとして「雲の生まれるところ」をスタートしました。
作り人の手から生まれた本、生活用品、絵や作品をご紹介しています。


作家紹介 3 Hitomi

hitomi

Hitomi
デザイン専門学校を卒業後、デザイン事務所で勤務。
現在、個人でイラストレーター・デザイナーとして活動中。
平面だけでなくオリジナル小物なども、展示・販売しています。
作品のほか、似顔絵やウェルカムボードも受注制作します。

・活動歴
2011年9月 2人展「ガオギャピーニャーブヒッ展 」(pieni..ecole+cafe /岡山)
2011年10月 グループ展「読書のおとも展 」(alapaap /岡山)
2011年11月 2人展「アラパープにおじゃましましたの巻」(alapaap /岡山)
2011年12月 グループ展「大カレンダー展」(atelier Z /岡山)
2012年3月 グループ展「イラストレーションズ(デザインも可!)展 」(pieni..deux /岡山)
2012年8月 「奉還町WEST SIDE MIXER 2012」(MOPTOP文化屋雑貨店 /岡山)
2012年11月 2人展「circus 25 」(pieni..ecole+cafe /岡山)
2012年12月 グループ展「illustrator'sChristmas展」(atelier Z /岡山)
2013年  3月 グループ展「イラストレーションズ(デザインも可!)展 」(pieni..deux /岡山)
2013年  6月 4人展「parallel world」(alapaap /岡山)
2013年12月-2014年1月   グループ展「Happy New!展」(alapaap /岡山)

作家紹介 2 石川早苗

石川早苗(いしかわさなえ)

【プロフィール】
東京生まれ、名古屋育ち。2000年に総社市に移り住み、畑を作ったり、
まちづくり活動に携わるなど、土に根差した生活をしている。
20歳の時に難病である全身性エリテマトーデス(膠原病の一つ)に認定され、
以来、生きることと常に対峙する詩を書き続け、最近は朗読ライブなども行っている。
「火片」「衣」「新芸象」同人。
岡山県詩人協会、日本詩人クラブ会員。

【詩集】
2005.09『アマテカレイ』(火片発行所)
2009.07『蔵人の妻』(コールサック社)
2013.09『言尽くしてよ』(歩行社)

【最近の朗読ライブ】
2013.09 出版記念ライブ「言尽くしてよ~古から現代へ 詩とオカリナで奏でる女のカタチ」/言音@ZeroCafe
2013.10 「花も嵐も。~詩の朗読と写真のコラボレーション~」@珈琲と人
2014.01.15 吉備野日和。~おうちde朗読ミニライブvol.1~@石川さんち

isikawa01_20140120001030156.jpg


isikawa02_2014012000112688c.jpg

ishikawa03.jpg

作家紹介1 タケシマレイコ

rabbit

タケシマレイコ/reiko takeshima

デザイナー、イラストレーター
羽良多平吉氏のエディトリアルデザインアシスタントを経て、2003年からフリーランスのデザイナー、イラストレーターとして独立。
雑誌『パッチワーク通信』のレイアウトデザインを中心に、ロゴデザイン、各種紙媒体やTシャツのイラストを手がける。★2013年は児島にあるアパレルメーカーrolcaのカタログのイラスト、新ブランド「waltz」のロゴイラストを制作。また今春、ブックデザインとイラストを手がけた『パッチワークのガーリーバッグ New Girly Bag Collection』(パッチワーク通信社)が出版される。★

プライベートではグループ展や個展にて作品を発表。針金、ドローイング、水彩、コラージュ、手製本、石けんなど表現方法は様々。
写真は針金のウサギ。★このポストカードも出品します♪★

イラストのサイト「Reiko Takeshima's Photostream」  http://www.flickr.com/photos/77253750@N08/

活動歴
2006年 新風舎 ポエトリー部門奨励賞 『手のひら動物園』
2010年 岡山広告温泉 その他部門 6位入賞 『Life is Art!』
2011年 個展「芸術のおもちゃ箱」 (pieni..deux 岡山)
2013年 グループ展「第23回であいなかまたちの手仕事展ー冬の贈り物

ー」(ギャラリー風来 明石)

zine展 フライヤー

zine3b.jpg

画像をクリックすると大きい画像がご覧いただけます。

zine展 それぞれの本のかたち 3

zin_top.jpg

新年あけましておめでとうございます。

2014年2月 またzine展を開催します。

zine展 それぞれの本のかたち 3
2014年2月7日(金)〜2月16日(日)
今回も楽しい作家さんがたくさん参加します
詳細は追ってお知らせいたします!!!

Facebookのイベントページ

2013年のzine展 終了しました

zine展、無事に終了することができました。
たくさんのお客様にご来場いただきほんとうにありがとうございました。
作家さんたちと楽しくイベントを運営することができ本当に楽しい10日間でした。

また次回?お目にかかれる日を楽しみに〜。

zineten_01.jpg

zineten_02.jpg

zineten_03.jpg

zineten_04.jpg

zineten_05.jpg

zineten_06.jpg

zineten_07.jpg

zineten_08.jpg

zineten_09.jpg

zineten_10.jpg

zineten_11.jpg

zineten_12.jpg

zineten_13.jpg

zineten_14.jpg

zineten_15.jpg

zineten_16.jpg

zineten_17.jpg

zineten_18.jpg

zineten_19.jpg

zineten_20.jpg

zineten_21.jpg

zineten_22.jpg

zineten_23.jpg

zineten_24.jpg

zineten_25.jpg

zineten_26.jpg

zineten_27.jpg

zineten_28.jpg

zineten_30.jpg

zineten_31.jpg

zineten_32.jpg

zineten_33.jpg

zineten_34.jpg

zineten_35.jpg

zineten_36.jpg

zineten_37.jpg

zineten_38.jpg

zineten_39.jpg

zineten_40.jpg




作家紹介24 NPO法人タブララサ


昨年12月にタブララサによる2冊目の冊子「ラサッシvol.2 西川」を制作しました。
タブララサの活動拠点でもあり、私たちが生まれたきっかけの場所である西川の約10年間を振り返るもの。西川で活動が始まった頃の話や、西川キャンドルナイト、ハレノミーノに満月BARなど、西川への想いを持った方々へのインタビューなどをまとめた32ページです。

NPO法人タブララサ

ラテン語で「白い板」「白紙の状態」。
エコの要素を取り入れ、おしゃれに、楽しく、何にもとらわれない真っ白な心で
街づくりのアイデアを実現する20〜30代の若者のグループ。
現在7つのプロジェクトで活動中。

2003.10 西川緑道公園でアートイベントやオープンカフェを始める。
2004.03 NPO法人化し、リユース食器の貸出を開始。
2006.03 西川キャンドルナイトvol.1を開催。以降、2012年までに8回を数える。
2008.11 旅館御園のエコプロデュースを開始。
2009.04 Happy Share Candleとラサ×白石島を開始。
2011.08 後楽園幻想庭園でキャンドルコーディネート。
2012.08 直島火まつりでキャンドルコーディネート。
2012.12 ラサッシvol.2西川を制作。
2013.04 西川緑道公園で有機生活マーケットいちの定期開催を開始。

rasa
 

作家紹介 23 米本久美子

米本久美子

岡山生まれ。
父の転勤と共に、大阪、浜松、仙台で暮らす。
仙台のデパートでは、10年間販売促進課、宣伝課を経験。
仙台、東京で油絵の個展、グループ展を開く。
子供達が幼い頃に、絵本と再会し、アスラン書房「アルマジロの晴れ着」、福音館の月刊「たくさんのふしぎ」や「かがくのとも」の絵を描く。

yonemoto1yonemoto2

作家紹介22 タケシマ レイコ Reiko TAKESHIMA

noproblem


タケシマ レイコ Reiko TAKESHIMA

羽良多平吉のエディトリアルデザインアシスタントを経て、2003年よりフリーランスのグラフィックデザイナー、イラストレーターとして独立。雑誌『パッチワーク通信』のレイアウトデザインを中心に、ブックデザイン、ロゴマーク、各種媒体のデザイン、イラストレーションを手がける。仕事と平行してアート活動も。
2006年『手のひら動物園』新風舎ポエトリー部門奨励賞
2010年 『Life is Art!』岡山広告温泉 その他部門 6位入賞

作家紹介21 from larm

larm2

from larm(フロムラルム)

服飾造形デザイナー

シンプルに主張し、インパクト・余韻あるものづくりを目指しています。

「色」をテーマに、今回初めてzineをつくりました。
関連のアクセサリー(ピアス)も販売しています。


larm1

作家紹介 25 NPO尾道空き家再生プロジェクト

NPO法人 尾道空き家再生プロジェクト

瀬戸内海のおだやかな海と山々に囲まれた街、尾道。 尾道固有の町並みや建物はそこで営まれてきた暮らしの歴史であり
文化です。その中でも特にユニークな環境をもつ山手地区ですが、現在、空洞化と高齢化が進み、空き家が数多く存在して
います。その中には建築的価値が高いもの、不思議で個性的なもの、景観が優れているもの等さまざまな魅力をもったものも
含まれていますが、残念ながら住人を失った家々の傷みは年々加速しています。尾道空き家再生プロジェクトではそれらの空
き家を再生し、新たな活用を模索していきます。この活動を通じてほかにはない尾道らしいまちづくりを展開していきたいと思
います。

onomichi

作家紹介20 津田征治

tsuda2

津田征治

写真家。1973年生まれ。香川県出身、岡山県在住。岡山大学大学院自然科学研究科修了。PPF岡山所属。
岡山・香川の自然を対象にした、コンセプチュアルで抽象的な写真作品を制作。「ほんとうのこととは何か」、「美しいとは何か」を探求する写真活動に取り組む。

2010年 関西御苗場2010出展、「テラウチマサト セレクション」に選ばれる。
2010年 東京 渋谷 西武百貨店にて作品展示。(渋谷を写真でドキドキさせようプロジェクト)
2011年 ニューヨークフォトフェスティバル(NYPH2011)出展。(御苗場 in NY)
2011年 銀座 72Gallery にて作品展示。(御苗場 in NY Selected Photographers)
2011年 関西御苗場vol.9出展。
2011年 オリンパスフォトパス 倉敷美観地区撮影会フォトコンテスト 金賞受賞。
2012年 オリンパスギャラリー大阪にて作品展示。(みんなでつくるオリジナル写真集)
2012年 関西御苗場vol.11出展。レビュアー賞ノミネート。
2013年 二人展「潮騒」。

連絡先: seijitanp@gmail.com
Webサイト: http://seijitanp.x0.com/
フェイスブック: https://www.facebook.com/seijitanp



tsuda3tsuda1


作家紹介 19 HUI Books

hui1


「TRES」

3名のフォトグラファーが、それぞれの視点で撮りおろしたフォトブックです。
目の前に在る対象をカメラを介してトレースした世界。これらのイメージの向こう側にある何かを感じていただければ幸いです。

畑勝明「ashes and white」
内田伸一郎「ドジョウ」
池田理寛「Quartet」

¥1800

http://www.facebook.com/huibooks

hui2hui3hui4



zineトーク

16日の夜、zineの作家さんとzine好きのみなさんとzineについて語りましょう
という「zineトーク」をzine展の会場pieni..deuxで開催。
作家さんのコンセプトを聞いて、参加者のみなさんにもzineについての思いや
作家さんへの質問などをぶつけていただきました〜。


zinetalk01.jpg

zinetalk02.jpg

zinetalk03.jpg

zinetalk04.jpg

作家紹介 18  小野敬司

onok

小野 敬司

1981年横浜生まれ岡山育ち
応用美術技師一種


「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない?」と云うマリーの言葉を思い出し、
2010年にデザイン事務所「スタジオ貝*」を開設しました。
同時に総会(出席者 1名)の満場一致で CEO に選出され、経営と制作を一手に引き受けています。
また、ある日絵も描けることが判明し、イラストレーターとしても活動しています。

今回の zine展ではそうした業務とは関係のない趣味の産物を小冊子にまとめました。
パーソナルコンピューター、プリンター、インターネット、3Dプリンターなどなど、
個人で作って発信できる時代に活動できる幸運に感謝。


204号室(趣味や仕事などのサイトへのリンク)

作家紹介 17 デザインオフィス コトル

デザインオフィス コトル

イラストレーターのやまぐちじゅんこと共同で製作した冊子
「そらごとぬりえ 1」が、刷り上がりました。

やまぐちじゅんこがこれまで書き溜めた様々なモチーフの原画をパーツとしてコラージュし、新たなストーリーをはらませながらコトルが再編集。その待望の第一弾となります。

タイトルの「そらごと」=「絵空事」からくる、現実にありそうで無い新しい空想の世界観を構成しています。
大人から子どもまで、イラストブックとしても、ぬり絵本としても楽しんでいただける本になりました。


やまぐちじゅんこ

武蔵野美術大学在学中にアパレルブランド「TaGa」を設立。
その後、大脇千加子氏と共同で設立した「hequo」と共に「TaGa×hequo」として活動。
BEAMSをはじめとするセレクトショップで洋服を中心に展開。現在はフリーランスとして活動中。


デザインオフィス コトル
丸山 敦 デザインディレクター/デザイナー

武蔵野美術大学卒業後、(株)日交 セールスプロモーション本部、(株)ブルーマーク、
キワコーポレーション(株) 企画開発室を経て、2012年独立。独立と同時に拠点を出身地である岡山に移し、
現在岡山と東京の二拠点を中心に活動中。

http://kotol.jp


kotol-image.jpg

soragoto-cover-01.jpg

作家紹介 16 fift

fift

2008年に開始したプライベートな活動をベースに、2010年に五十嵐勝成・麻美により設立されたデザインスタジオ。

日常で見過ごしがちな美しいことや面白いことなどの気づきを、プロダクトを通して伝える活動を行っている。
代表作は、落ち葉など身の回りの素敵なものを挟んで装うクリップ状のアクセサリー「pick a
jewel」や、ボーダーにボーダーを重ねて変化を楽しむバッジ「STRIPES ON STRIPES」など。

2011年7月、東京から岡山へ移住。
2012年12月、生活拠点を宇野に移し、現在は店舗開店の準備中。

今回は、2011年秋の東京デザインウィークに関連し、東京・目黒のホテル「CLASKA」にて発表した進行中のプロジェクト「A Way to
Catch Patterns」より、ZINEと関連商品を出品予定。


fift
http://fift.jp/

A Way to Catch Patterns
http://fift.jp/project/awcp/shadow/

fift1fift2fift3




作家紹介 15  大神慶子

oogami02.jpg

大神慶子
keikooogami

http://keikooogami.com/

福岡生まれ 学生時代より絵を描き始める。
【Prize】 illustration,designを担当した「Peopletree」の食品パッケージで 「日本パッケージデザイン大賞2011」入選(賞候補、審査員推薦作品)

【Works】
・「Peopletree」食品パッケージ(チョコレート、ハーブティー、コーヒー、ココア、ジャム、ドライマンゴ)
・Oyster Bar&Restaurant Ostrea 六本木店 6mの壁画
・French & Wine Bar AuxAmis59 店内絵画13枚
・「roo tote」websiteイラストレーション
・鳥取県立博物館内「cafe d'art musee」ロゴ、看板デザイン
・岡山2012年「真夏の夜の夢」ロゴ、チラシデザイン
・ONE SIZE GALLERY にて展示中 www.onesizegallery.com


oogami.jpg

作家紹介 14 宮脇成也

宮脇成也

1970年岡山市生まれ
中国デザイン専門学校 講師

2008年 イラスト展「putto & recent works」開催

2009年 中国デザイン専門学校 CREATOR FILE 75!!!参加

2010年 個展「忘れられそうな夕日 half forgotten sunset」開催

2011年 個展「忘れられそうな夕日 half forgotten sunset」開催

2012年 個展「Thank A Day」開催

my home town わたしのマチオモイ帖 という展示イベントに
出品した作品を出します。
生まれ育った岡山市駅前町についての本です。


naruya

作家紹介 13 manmaru laboratorio

manmaru laboratorio

イラストレーター・グラフィックデザイナー

2010年から愛犬をつれて、地元の神社をめぐっています。
人の生きてきた軌跡を訪ねる。という
大義名分を掲げ。

のほほんと おばかな お散歩旅を綴ったzineを制作。
ようこそあほあほワールドへ

ようさんのあほあほワールド

attachment.jpg



作家紹介 12 村上トモミ

村上トモミ:イラストレーター

1月5日生/O型。岡山県岡山市在住
イラストレーターズ通信会員

8年間のデザイン事務所勤務を経てフリーランスとなりました。
絵柄は、レトロで温かみのあるテイストを得意とします。
見てくださった方の心に、ほんの少しでも「ときめき」を残す事のできる、
そんなイラストになる様に心がけております。

村上トモミ イラストレーションサイト

【 個展歴 】------------------------------------------------------------------------------

2011/07 「 Japan Expo 」に参加(フランス・ パリ)
2011/11 個展「 Exposition Tomomi MURAKAMI 」(フランス・ パリ)
2012/09 個展「 Les promenades dans Paris 〜パリのサンポミチ〜 」(atelier Z /岡山) 
他、個展・グループ展多数

【 受賞歴 】-------------------------------------------------------------------------------
2003年 CWCチャンス展 セミファイナリスト選出
2012 イラストレーターズ通信 第4回イラ通コンペ1次選考通過


bonboyage

作家紹介 11  ヒミツ食堂

ヒミツ食堂

こんばんは。「ヒミツ食堂」店主です。
岡山の雑居ビルの2階でひっそりと営業しています。
看板はありません。
岡山のイカした大人に場所を聞いて
一人の夜に
一人でこっそりお越しください。
お待ちしてます。


作家紹介10 Ruuka

Ruuka(るうか)

イラスト、不思議な生き物作り、アクセサリー、写真etc...

『なんとなく好き』の「なんとなく」の部分が好きで、
大切にしたいと思っています。ストーリー性や、
可愛い中にも少し毒があるような、そんなモノを生み出したいです。


2013. 1  『NewYearALICE 2013』(東京・アリスと豆の木)
『笑顔をつなぐ大年賀状展2013』(岡山・カフェZ)
11 『LarmR ExhibitionⅡ』 「Topping」(岡山・pieni..)
10 『吾輩は岡山の猫である展』(岡山・岡山駅南地下道アートロード美術館)
     8 『WEST SIDE MIXER 2012』(岡山)
2012. 1 『NewYearALICE 2012』(東京・アリスと豆の木)
    11 『おひさまアートバザール6リベンジ』(岡山)
9 『zine展-それぞれの本のかたち-』(岡山・pieni..deux)
8 『Post Card Exhibition 青とノスタルジア』(岡山・pieni..)
2011. 1 『招福大年賀状展』(岡山・カフェZ)
2010. 2 『LarmR First Exhibition』「真夜中のパーティー」 from larmさんとの二人展 (岡山・アラパープ)
12 『ヨシカワ軍団増殖中☆』(大阪)
8 『Bon voyage!! -Sucrette in Wonderland-』 web用フライヤー作成
7 『ヨシカワショウゴのヨシカワ軍団 TOKYO編』 (東京)
5 『おひさまアートバザール4』 LarmR(from larmさんとのユニット)で参加
『フリーペーパーapt』へ参加 テーマ「正義」
2009. 3  amilyさんの『小さな雑貨展』参加(大阪)
2008. 6 『ポストカード展*下北沢』(東京)
2006.10 『ポストカードのるつぼ』 (岡山)


necomo

作家紹介 9 角南育代



角南 育代


2006年より製作
毎年グループ展、個展など


架空動物園研究会会員  
俳句の会さわら会員 
オムライス愛好会会員
ファッション再生研究所生徒


予定
2/1~2/14   ギャラリー&アトリエCOCO 「FANATICAL CATS 猫の祭展2013」
2/15~2/24  Pieni doux 「ZINE展」
2/11     小笠原諸島 父島ハルクマアートプロジェクト「わすれもの展」
2/22~2/27  ギャラリーエムズ M’s EXPO
4/5~4/   石原田園ギャラリーグループ展 




sunami_20130204200423.jpg


作家紹介 8 本の虫部長

本の虫 部長

鹿児島生まれ、茨城で図書館の仕事に目覚める。本のクラブの部長。

*本の虫クラブとは、pieni..で活動している読書クラブです。


honmushi1honmushi2

作家紹介 7  コニコ(カヤヒロヤ/高橋由季)


コニコ(カヤヒロヤ/高橋由季)


カヤヒロヤと高橋由季によるデザインユニット。
お互いの作風を活かし、ポスター、DMなどの紙媒体、ロゴやロゴマーク、
web関連のものまで、様々なものを制作。
その他自主的にZINEやインディペンデントマガジン作成にも取り組む。

コニコ
2012年9月ブックギャラリーポポタム(東京)にて個展を開催。
2013年1月ブックギャラリーポポタム(東京)にてビバ!プリントゴッコ展に参加。
2013年広島東急ハンズ6F壁面イラストを担当。

カヤヒロヤ
2011年 NYブルックリンで行われたアート展のポスターを制作。
2012年 誠文堂新光社イラストノート 第1回ノート展キャラクター部門にて、
坂崎千春さん審査のもと大賞に選ばれる。
Roooots 名産品リデザインプロジェクト2012にてふろしきのデザイン採用

高橋由季
2008 リキテックス大募集展により『デザインの現場』誌の裏表紙に採用
2009 CWC第6回チャンス展ファイナリスト受賞
2011年 SHIBUYA GIRLS POPアーティストとして東京や海外での展示などをおこなう
2012年 シブヤの40人がデザインする『ハチ公』チャリティープロジェクトに参加。
渋谷パルコにあるSHIBUYA GIRLS POPの実店舗にて雑貨販売を開始。



コニコ web



cyousei2_n.jpg



作家紹介 6 @syuri

@syuri/憂鬱ポリエステル
廃墟写真、廃墟での自主キャラクターによる
セルフポートレート写真などを撮影。
2011年活動開始、同時期zineの無料配布を開始。
白黒コピーのzine、この出展で4冊目となります。
再版は致しておりません。
 
2012年秋、自主制作で
フルカラー写真集を出しました。
廃墟×セルフポートレート
「憂鬱ポリエステル」
 
四月に岡山市内で個展をします。
よろしくお願いします。
 
浮かれきった憂鬱をあなた方に。

@syuri blog

syuri1syuri2syuri3


作家紹介 5 もめ

もめ

1984.9.6兵庫県神戸市生まれ。2008年岡山県備前市に移住、のち2012年より同県美作市上山在住。
1児の母。愛知県出身の9つ年上のパートナーの耕平と共に、夫婦ユニットmenpei(メンペイ)を名乗る。
棚田再生、自然エネルギー導入、自伐林業、狩猟などを行う耕平と共に生きていく中で見たこと、
感じたことを、映像、イラスト、文章、デザインなどで表現・発信しながら暮らしている。
2009年「わたしが上山(そこ)へ行く理由」で飛騨高山ドキュメンタリー映像祭優秀賞受賞。

暮らしを綴る

momen1momen2

作家紹介 4 畑尾和美

畑尾和美

1974年大阪生まれ。大阪在住。
美術作家の永井宏さんのワー クショップに参加したことをきっかけに作家として活動をはじめる。
言葉を綴り、糸や身のまわりにあるもので作品を制作。個展多数。
ひとりで行う朗読会や、リーディング・ユニット マリンガールズとして
ポエトリー・リーディングも行う。
著書に詩画集『九月の朝顔』(ブックロア)、
そして『ボタンとリボ ン』vol.1・2・3(六耀社、WINDCHIME BOOKS)
『Fantastic Something』(ブックロア)に詩を掲載。

畑尾和美 web  hataokazumi.net






2012年1月21日にpieni..にて行われた朗読会の時の畑尾さん
hatao.jpg
hatao2.jpg

朗読会の様子 

今回畑尾さんは、ご自身で製本された作品を出品してくださいます。




作家紹介 3  Bridge 岡本礼教/岡本容子

Bridge 岡本礼教/岡本容子

広島県江田島市在住。

Bridgeは江田島にある編集プロダクション&デザイン事務所です。
夫婦ふたりで、江田島市周辺の瀬戸内海の島に住む人々の暮らしを伝えるフリーマガジン「Bridge」を発行しています。

岡本礼教
今まで作ったzineは、「COYOTE BARKS IN A LITTLE VOICE」「YOU ARE HERE」など。

岡本容子
「ツメキリ新聞」という個人的なフリーペーパーを、大学時代からずっと作っています。

「Bridge」ウェブサイト


B14-400.jpg



作家紹介 2 古本斑猫軒(はんみょうけん)

古本斑猫軒(はんみょうけん)

2012年12月、1●年勤めた古書店を退職してささやかなネット古書店をオープンしました。
幻想文学、美術、人文書から絵本、暮らしの本、ナンだかよくわからない本などなど。
ちょっとヘンテコな品揃えを、真面目な顔して取り扱い中です。

古本斑猫軒 ウェブサイト

古本斑猫軒 Facebook


アイコン用ロゴ


Appendix

ZINE展 3



2014年2月7日(金)〜16日(日)
10日休み
12時〜19時(最終日17時まで)

場所
岡山市北区出石町1-4-6
pieni..deux
tel086-231-6420
 pieni..deux web
   

参加アーティスト

石川早苗
AIRzine編集室
うたたねごと
NPO法人尾道空き家再生プロジェクト
大神慶子
小野敬司
ヘンゼル・ワシントン(加瀬野裕介、横山直人)
コニコ(カヤヒロヤ/高橋由季)
さらいなおえ
島村敏明
chouchou fleri
角南育代
タケシマレイコ
ナカムラシュンスケ
西 淑
西村洋巳
畑尾和美
斑猫軒
pieni trois
Hitomi
ヒミツ食堂
huibooks (畑勝明・池田理寛・内田伸一郎)
藤井佳之
K.Fujiyama+holoholo booklet
from larm
本の虫部長
manmaru laboratorio
宮脇成也
村上トモミ
森田晃平
451BOOKS 根木慶太郎
Ruuka


pieni..deux web

map


   岡山市北区出石町1-46
   tel 086-231-6420(pieni..)

*パフォーマンスリーディング


「キリンの首」
絵 角南育代/作・パフォーマンス 大西千夏
2/8(土)16:00〜 無料
*zineトーク中にも開催されます

at pieni deux

*zine talk!


2/8(sat)19:00~  ¥500(お茶付)
zineの作り手の方々と一緒に、
zineについて語りせんか?

pieni deux

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。